手の中のたんぽぽ

ねぇねです。

一秒もじっとしてないおてんばパナ。

いっぱい遊んで疲れた頃に、そ〜っと抱き上げてカキカキしてあげました。



ポンッ!と花開いたたんぽぽみたいになって、こっちをじ〜っと見上げてます。

いい子だね〜パナ。

やっとカキカキが気持ちいいことに気が付いたかな?

これからもたくさんの、新しい発見があるよ。

楽しみだね。

だからね、パナ。

どうかそのまま元気で家に来てね。

にぃにもねぇねも、それだけが願いなんだよ。

「手の中のたんぽぽ」への6件のフィードバック

  1. もふすけ様
    それが家に来る日取りは、まだ先になりそうです…
    まだ夜一回の挿し餌が切れないし、検査に行けるのもいつになるのか…検査しても2週間くらいは結果でないし、それからお迎えとなると、もしかして来年…?
    気長〜に待ちます。
    結果的に来てくれればそれでいいのですから(^-^)

  2. でんでん様
    シロハラのビタミンカラーは、冬の寒い日には暖かく感じて元気をくれますよ☆
    夏はその態度といいちょっと暑苦しいんですけどね(^_^;)
    パナもヒナ毛が生え替わればもっともっと鮮やかなタンポポになることでしょう。

  3. ちえぶう様
    ありがとうございます。
    ツクタンのような儚さとか生き弱いイメージは、パナには全くないのですが、やはりヒナは何があるか判りませんから…
    顔を見に行くたびに「ちゃんと家に来るんだよ?」と言い聞かせてしまいます。
    もう大事な家族の一員ですから(^^)

コメントを残す